Star Adventurer GTi赤道儀のバックラッシュ調整

注意
これから書く方法は、一部のネジを壊すこともあるので、注意が、必要です。
私もネジ2本が、外せず、ネジを壊して、Star Adventurer GTi赤道儀の
赤緯のカバーを外しました。

Star Adventurer GTi赤道儀は、購入したときら赤緯側のガイドが、悪く、
オートガイド時のグラフが、赤経側は、安定しているのですが、赤緯側が、
1ピクセル近くズレて、赤緯側に修正が、入っても修正できず2本平行線で、
安定している状態でした。

これまでの経験からこの状態は、バックラッシュが大きくて起きていると
考えられたので、ネットで、いろいろ調べると海外で、調整方法を紹介
されていたので、早速やってみましたが、えらい事になりました。

Star Adventurer GTi赤道儀の赤緯側のバックラッシュ調整をするためには
赤緯のカバーを外さねばなりませんが、赤緯のカバーを固定しているネジが、
M2.6の六角ネジなのですが、見栄えをよくするためか、半丸型で、六角
レンチのサイズが、1.5と小さい。
そして、最大の問題は、組み立て時に機械ジメをしたようで、非常にカタイ、
それだけでなく、機械ジメした時にネジ穴が、大きくなったものやネジ穴が、
なめて、ネジ穴が、つぶれているものをあり六角レンチで、外せないネジが、
2本ありました。
もし、ネジを外れる方向に強く回しても、動かない時は、ネジ穴を壊す
ことになるので、やめてください。

赤緯のカバーを外すと下の写真のような構造になっています。
ここには、写っていませんが、モーターを繋ぐケーブルは、細いので、
あまり触らない方が、よいと思います。
IMG_0933[1]

赤緯のカバーを固定しているネジを外すための六角レンチですが、写真の
左のボール型の六角レンチを使うと、確実にネジ穴を壊すので、カバーを
外す場合は、右のタイプを使ってください。
IMG_0940[1]

壊れたネジを外さないとバックラッシュ調整ができないので、赤緯カバーが、
傷つくのを覚悟で、六角ネジに半丸の頭をルーターで、削り落として、外し
ました。頭を削り落としたネジは、ネジザウルスで、何とか外しましたが、
こんな傷が、付きました。
IMG_0936[1]

Star Adventurer GTi赤道儀の赤緯側のバックラッシュ調整については、
赤緯カバーを外すと下の写真のような構造になっていて、ウォームの
テンションは、矢印のネジの押し付けで、調整しています。
私のStar Adventurer GTi赤道儀では、赤緯側のウォームのテンションが、
緩かったので、押し付けて、締めたことで、先日、ベランダで、追尾
テストを行ったところかなり良くなっていました。
IMG_0933[1]-1
Star Adventurer GTi赤道儀のモーターは、小型のDCモーターなので、
あまり強く絞めると動かなくなるので、調整するときは、注意してください。

もし、赤経側の調整を行うのであれば、赤緯側と同じネジを外さねば
なりませんが、ネジが、壊れていたり、壊したりする可能性が、
大きいので、お勧めできませんが、幸い赤経側は、写真のシリアル
番号のシールを剥がすと、穴が、あり、その穴の奥に赤経側のバック
ラッシュ調整するネジが、あるので、ここからバックラッシュ調整が、
できるようです。
IMG_0935[1]

スポンサーサイト



[ 2023/11/19 18:47 ] 機材 | TB(-) | CM(2)

搭載重量

サブとして購入を考えております。搭載重量5kgになっていますが、正味どの程度でしょうか?FSQ-85は全部合わせると5kgになるのですが、やはりEQ3とかEQM35とかもう少し大きい赤道儀がいいですか?
[ 2024/01/07 10:17 ] [ 編集 ]

kohei さん、こんにちは。
Star Adventurer GTi赤道儀で、運用できるのは、口径8㎝位までの
短焦点屈折か、300㎜までの望遠レンズです。
FSQ-85EDは、重いので、安定して運用するためには最低GP赤道儀が、
必要になります。
[ 2024/01/08 04:48 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する