PIC18Fマイコン評価基板

5月の連休の部屋の大掃除をしたときに以前に買って、組み立てたまま忘れ去っていたPICマイコンの
評価基板が、出てきたので、PIC18F2320を取り付けて使えるようにしてみました。

 
イメージ 1


このPICマイコンの評価基板は、技術評論社の「C言語によるPICプログラミング入門」や「PIC18F本格活用ガイド」
に記載されているPICマイコンの評価基板です。詳しくは、下記のホームページを見てください。
http://www.picfun.com/18boardframe.html


今回、この評価基板が、出てきたので、PICマイコンの開発環境も新しくしようかと思い、プログラムの書き
込み機をマイクロチップ社純正のPICkit 2 Programmerも購入しました。

 
イメージ 2


今まで使っていたプログラムの書き込み機は、シリアル通信での書き込みで、プログラムを書き込める
デバイスの種類が、限定されていましたが、PICkit 2は、PIC16・PIC18・PIC24・dsPIC30F・dsPIC33Fなど
多くのデバイスをサポーしており、いろいろ使えるかと考えてます。また、USB接続なので、とっても便利です。

開発環境もフリーのC言語のコンパイラーが、下記のマイクロチップ社ホームページからダウンローできます。
http://www.microchip.com/stellent/idcplg?IdcService=SS_GET_PAGE&nodeId=1406&dDocName=en534868
しかし、プログラム容量などに制限が、あるので、注意が必要かもせれません。
ま、個人で使うには、問題ないでしょう。
この辺りは、AVRマイコン用のCコンパイラーのWinAVRは、完全にフリーで、使用に制限などはないので、
使い易いと思います。
スポンサーサイト



[ 2009/06/07 03:31 ] 電子工作 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/39-694169ff