オートガイドシステム

ネットで、チェコの人が作ったTVGuiderというスタンドアロンのオートガイダーが、話題になったいます。
http://foto.astronomy.cz/TVGuider.htm にサイトがあるので、見てみましたが、マイコンのソフトもかなり
手間隙をかけて作られたようで、よくできたオートガイダーです。

イメージ 1


ただ、カメラや使える電子部品の関係で、何個か作って$600で頒布したそうですが、この価格は、ほとんど部品代
でしょうね。もし、製品として販売すのでしたらソフトの開発費用などを考えると価格は、恐らく$1500から$2000
くらいになるでしょうね。
日本で、どこかのメーカーで作って販売して欲しいという要望もあるようですが、日本では、まず、マイクロコント
ローラーのファームソフトの開発コストが高いのと天文を知る人がソフトを作らないので、無理でしょう。
また、販売数も少ないで、販売価格も20万円を超えるでしょうね。

無い物を望んでも仕方がないので、入手できるもので、コンパクトなオートガイドシステムを考えてみました。
冷却CCDでの撮影では、PCは必ず必要なので、このシステムは、一眼デジカメでの撮影で、カメラのメモリーに
データを保存することが前提になります。

価格が、10万円以内で考えるとカメラは、ORIONの StarShoot AutoGuider、オートガイドソフトは、PHD Guiding、
PCは、ASUSのEee PC 901-Xになると思います。
カメラのStarShoot AutoGuiderは、日本では、テレビュー・ジャパンが正規代理店になりテレビュー・ジャパンから
購入することができますし、価格も36,330円とリーズナブルですし、高感度で、USBケーブルだけで通信と電力供給
されるので、外部電源不要というのが選んだ理由です。

イメージ 2


制御用PCで、ASUSのミニノートPCのEee PC 901-Xを選択したのは、記憶装置がHDDではなく固体素子のSSDで、消費
電力が、他のミニノートPCよりも小さく内臓バッテリーでの駆動時間も長いので、選びました。

イメージ 3


また、PCの電源も12Vとバッテリーから電力供給可能なので、コーセルのIN 12V OUT 12VのDC-DCコンバータを使って
バッテリー用の外部電源装置を作れば、大型のバッテリーだけで撮影システム全てに電源供給できるので、電源で悩む
必要が無くなると思います。

ASUSのEee PC 901-Xは、現在の販売価格は、55,800円程度ですが、恐らく年末にかけて5万円を切って来るので、オート
ガイドシステムを作り易くなと思います。
どうでしょうかね??。



参考サイト
TVGuider - autopointer z TV kamery
http://foto.astronomy.cz/TVGuider.htm

テレビュー・ジャパン StarShoot AutoGuiderページ
http://www.zizco.jp/15shop_USorion/007autoguider.htm


スポンサーサイト



[ 2008/09/06 23:15 ] 機材 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/6-5c6c7057