OAG9-EOSその2

OAG9-EOSについてもう少し。

OAG9は、本体の光路長9mmのオフアキシスガイダーです。
イメージ 1


EOSのカメラに取り付けると以下のような形になります。
イメージ 2


価格は、EOSマウント仕様が、286ドル、Tマウント仕様が、265ドルで、以下で買えます。

アメリカ
Teton Telescope
http://www.tetontelescope.com/



ヨーロッパ
Teleskop-Service (ドイツ)
http://www.teleskop-express.de/shop/


今回は、SXV-H9+Atik ATIK-EFWをオフアキシスにするために購入しましたが、オフアキシスガイダーの
光路長が、9mmと薄くて小型なので、オフアキシスガイダーの前にレデューサーを入れてもバックフォーカスを
合わせるのも容易だと思います。

日本にもオフアキシスガイダーを作っている所は、ありますが、このオフアキシスガイダーは、プリズムの
位置を変えられたり日本には無い発想のオフアキシスガイダーですね。

日本の天文機材は、価格は、高い割りに汎用性に欠ける物が多くて、ここ最近は、欲しい機材は、海外の
物ばかりで、日本で買うことが無くっています。
日本にも良い物を作る所は、ありますが、独自仕様で、汎用性に欠ける物が、多いように思いますね。
この辺りは、もう少し、ユーザーの声を聞いて、物作りをして欲しいですね。
スポンサーサイト



[ 2010/03/07 23:44 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

私もレデューサの後に入れて使うつもりでいます。
ED115S+0.67RDやFSQ106ED+QE0.72でオフアキガイドが出来れば良いなぁと思ってます。
明日、届けばわかることですが、ガイドカメラ側のピント調整はどうなっているか気になります。
[ 2010/03/08 00:11 ] [ 編集 ]

No title

GENTAさん、こんにちは。
OAG9の厚さが、9mmなので、各社のレデューサーのバックフォーカスと
合わせやすいと思います。
ガイドカメラのピンと位置は、EOSですとフランジバックは44mmなので
SSAGやDSIではガイドカメラを付けるだけで、ほぼピント位置と思われます。
[ 2010/03/09 01:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/62-d67769a3