冷却CCDとLRGBフィルターの組み合わせ

最近、更新が無かったので、モノクロ冷却CCDとこれに使うLRGBフィルターの種類が、増えてきたので
CCDの感度特性とフィルターの透過特性からモノクロ冷却CCDとLRGBフィルターの組み合わせを考えて
みました。

CCDの波長特性

冷却CCDに使われているCCDは、機種によって感度の波長特性が異なり、主なCCDの感度曲線は、以下の
ようになります。

イメージ 1


KAF8300
イメージ 2


KAF6303
イメージ 3



CCDそれぞれの特徴

KAF3200ME
 ST-10やQSI532などに使われているCCDで、最も感度が高く、650nmでQE値87%とHa線の波長で
 最高値になるという天文専用のようなCCDです。
 しかし、1ピクセルサイズ6.8uで、300万画素と高精細なために光学系を選ぶCCDです。

KAF1603ME
 ST-8やQSI516などに使われているCCDで、KAF3200に次ぐ感度高さを持っているCCDです。
 感度特性的には、KAF3200に近いです。
 1ピクセルサイズ9uで、160万画素と小さいので、系外銀河向きでしょうか。

KAF6303E
 STL-6303などに使われているCCDで、感度的には、3番目で、KAF1603MEの大面積版的なCCDです。
 1ピクセルサイズ9uの630万画素のAPSサイズのCCDです。

ICX285AL
 天文用としては、唯一のSONY製のモノクロCCDです。感度的には、4番目とかなりの高感度で
 1ピクセルサイズ6.45uで140万画素と高精細。
 波長特性は、さすがにSONY製で、可視光の波長で、滑らかな曲線で、ソツのないCCDですね。
 SXVFR-H9やBJ-41Lなどに使われているCCDです。

KAF8300
 ML8300やQSI583などに使われているCCDで、感度はICX285ALと同じくらいですが、1ピクセル
 サイズが、5.4uとICX285ALよりも高精細で、830万画素と面積も大きい。

KAI4021、KAI4022
 QSI540などに使われているインターライン型のCCDです。1ピクセルサイズ7.4uの400万画素の
 CCDです。インターライン型のKAIシリーズのCCDは、フルフレーム型のKAFシリーズと比べると
 感度が、低くなります。

KAI11002
 STL-11000やML11000に使われているCCDです。感度的には、KAI4021、KAI4022に近い感度です。
 1ピクセルサイズ9uの1100万画素の35mmフルサイズCCDです。

KAI16000
 あまり見かけないCCDですが、1ピクセルサイズ7.4uの1600万画素の35mmフルサイズCCDで、
 FLIのML16000やPL16000、Starlight XpressのSXVF-H36に使われているCCDです。
 KAI11002に近い感度特性ですが、感度は、KAI11002よりも低いです。

CCDの感度曲線の波長特性を見るとKAFシリーズは、KAF8300を除くと赤感度が高いので、Haフィルターでの
モノクロやSAOなどのナローバンドカラー合成に向いています。
KAF8300は、デジカメ用のセンサーなので、KAFシリーズとしては、青感度が、高いので、散光星雲の
RGB合成にも向いていますね。
KAIシリーズは、青感度が高く、OIIIの波長で最高感度になるので、KAFシリーズよりも散光星雲の撮影に
向いているCCDですね。


各社のLRGBフィルターの波長特性


Astronomik LRGB Type2C
イメージ 4


Baader LRGB
イメージ 5


SBIG 1.25inch
イメージ 6


SBIG 50mm
イメージ 7


Astrodon E-Series
イメージ 8


Astrodon I-Series
イメージ 9


各社、各フィルターの波長特性は、いろいろですが、AstronomikのLRGBフィルターは、他のフィルター
に比べるとOIIIの透過特性が、低いですね。

LRGBフィルターとCCDの相性

LRGBフィルターとCCDの相性は、AstronomikのLRGBフィルターは、他のフィルターに比べるとOIIIの透過性が、
低いので、OIII付近の感度の低いKAFシリーズとは、相性が、良くないように思われます。
KAF8300は、他のKAFのCCDよりも青感度が高いですが、OIIIの感度が、Haと同じくらいなので、青い星雲には、
Bの露出時間を長くする方が、良いようです。

KAIのCCDは、OIIIの感度が高いので、散光星雲にはBaaderなどのOIIIの透過特性の良いLRGBフィルターを
使うのが良いようです。

冷却CCDとフィルターの組み合わせ

現在、冷却CCDは、QSI540、QSI583、SXV-H9、フィルターは、Astronomik LRGB Type2C、Baader LRGBを
持っているので、撮影対象と冷却CCDとフィルターの組み合わせとしては、

  散光星雲:QSI540+Baader LRGB 
  系外銀河:QSI583+Astronomik LRGB Type2Cまたは、Baader LRGB
  Ha   :QSI583+Haフィルター

SXV-H9は、CCDの感度特性からオールマイティーに使えるカメラなので、系外銀河や小さな散光星雲用に
使えますね。

散光星雲を主な撮影対象とするのでしたらチップ面積と感度特性からKAI11002を使った冷却CCDで、OIIIの
透過特性の良いLRGBフィルターの組み合わせが、お勧めでしょうね。
最近は、KAF8300を使った冷却CCDが、安価なので、多く使われてきていますが、KAF8300は、個人的には、
散光星雲よりも系外銀河に向いていると思いますね。
スポンサーサイト



[ 2010/04/25 04:46 ] 機材 | TB(0) | CM(12)

No title

ngc*8*6さん、こんにちは。
初めての書き込みで、失礼足します。

CCDとフィルターの組合わせ記事 とても勉強になります
ありがとうございます。

これからも宜しくお願い致します。
[ 2010/04/25 18:44 ] [ 編集 ]

No title

ミュ~さん。こんにちは。
CCDの感度特性とフィルターの透過特性を比較している
ところがなかってので、書いてみました。

これからもよろしくお願いします。
[ 2010/04/25 23:35 ] [ 編集 ]

No title

すごく勉強になりました。いつかはモノクロ冷却CCDを買いたいと思っているのですが、なかなかこういう視点からの内容はないので、新鮮でした。
[ 2010/04/26 00:05 ] [ 編集 ]

No title

Eagleさん、こんにちは。
モノクロ冷却CCDは、機種によって感度特性が違うので
フィルターの特性と合わせて比べてみると、どいう
対象に向いているか見えると思います。
[ 2010/04/27 00:39 ] [ 編集 ]

No title

ngc*8*6様はじめまして、
このCCDとLRGBフィルターの組み合わせ記事大変勉強になります。
ちょっとお伺いしたいのですが、

ST10は光学系を選ぶCCDとありましたが光学系はどのようなものが ベターでしょうか?
私は主力カメラとしてST10XMEを使っていますので大変興味があり ます。

先日FSQ106ED専用としてQSI8300wsを注文したのですがフィルターとしてはAstronomik LRGB Type2Cとの相性はいかがでしょうか?
今回フィルターは注文しませんでしたがAstoronomikの場合どちらかというと安価ですので欲しいと思います。
フィルターとしてはST10XMEで使っているAstorodon旧Eシリーズで取り敢えず試してみようと思っています。
最初から長文になりましてすいませんでした。
[ 2010/05/05 14:34 ] [ 編集 ]

No title

チャージーさん、はじめまして。
ST-10ですが、1ピクセル6.8uで高精細、高感度ということで、
海外では大口径のRCで系外銀河の素晴らしい画像が、数多く
見られますが、日本では、気象的に偏西風の真下になるので
シンチレーションが悪く長焦点になるとどうしても星像が悪く
なります。
また、明るい短焦点の鏡筒になると小さな星でもブルーミング
してしまいます。ですので、F値で、F8クラスの光学系が良いと
思われます。

KAF8300とAstoronomikのLRGBフィルターの組み合わせですが、
Kiriさんが、ML8300とAstoronomikのLRGBフィルターの組み
合わせで撮影されていますが、M8を撮影されて青い領域が
思ったほど出ないので、B画像の撮影枚数を増やした方が、
よいようと言われていますので、QSI583を使われるのでしたら
Astorodon旧Eシリーズの方が、良いでしょうね。
[ 2010/05/06 00:46 ] [ 編集 ]

No title

ngc*8*6様ご教授ありがとうございました。

現在VC200L(F9)+AO8+ST10XMEを主力としていますがなかなか結果が出せず悩んでいますので大変参考になりました。
先日QSI583wsを米国にオーダーを出したんですがフィルターは何にしようかと思案しているところです。
Astoronomikはあまり良くないというところですね。

話は変わりますが別の記事でQSI用電源を製作されてみえますがその製作をお願いするというのはできませんでしょうか?
[ 2010/05/06 01:14 ] [ 編集 ]

No title

チャージー さん、こんにちは。
Astoronomikのフィルターが、良くないというのではなく、散光星雲
を対象にされる場合、KAFシリーズのCCDとは相性が良くないという
ことですね。

電源ですが、作ることは可能です。しかしQSI用の電源に使っている
DC-DCコンバータが、注文しても納品に2ヶ月かかるので、製作には
時間がかかりますが、どうされますか?
[ 2010/05/07 00:32 ] [ 編集 ]

No title

ngc*8*6様こんばんは。
Astronimikは結構安いので検討していたのですが散光星雲のみを考えていたのでちょっとダメですね。
やっぱりAstrodonですね。

電源についてですが2か月もかかるというのはちょっとまずいので諦めます。
お手数をおかけしましてすいませんでした。
[ 2010/05/07 22:16 ] [ 編集 ]

No title

チャージーさん、こんにちは。
電源の件すみません。QSI用の電源に使っているDC-DCコンバータは
注文してもメーカー取り寄せ品なので、メーカーに在庫があれば
すぐに届くのですが、在庫が無いときは、時間がかかります。
私がQSI用の電源を作ったときもDC-DCコンバータを注文して2ヶ月
待たされました。
[ 2010/05/08 02:13 ] [ 編集 ]

No title

冷却CCDを始めようとしている者です。 ひとつわからないことがあるので、教えて頂けますか? LRGBで撮影するとき、光害カットフィルターは付けるものでしょうか? 付ける場合は、どこに付ければ良いのでしょうか。 ご回答願います。
[ 2011/11/04 22:30 ] [ 編集 ]

No title

nobuchinさん、はじめまして。
冷却CCDでの撮影では、光害カットフィルターは使いません。
光害カットフィルターを使ったことがないので、詳しくは分かりませんが、
光害カットフィルターは、光害の波長をカットするので、付けるとすれば
LRGBフィルターの前になると思います。
[ 2011/11/06 03:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/66-82025701