IC1805とIC1848

25日の夜は、満月直後でしたが、透明度が良かったので、QSI583WS+PENTAX-A☆ 200mmED F2.8の
さらなるテスト兼ねて自宅の前で、IC1805とIC1848を撮影をしました。
月明かりの中での撮影でしたが、結構よく写っています。
Haで撮影するとIC1848の構造が、よく分かりますね。でも、この星雲は、よく見るとまるで胎児の
ように見えますよね。

イメージ 1


IC1805とIC1848
露出時間:Ha 12×10分
冷却温度:-10℃
フィルター:Baader Planetarium Ha 7nmフィルター
レンズ:PENTAX-A☆ 200mmED F2.8
カメラ:QSI583 WS
ガイドカメラ:SSAG + ミニBORG60
赤道儀 :EM-10 AGS-1X

PENTAX-A☆ 200mmED F2.8は、カメラレンズですが、F2.8と明るいので、非常にピントが、シビアで
星像だけでピントを出そうとすると難しいのですが、バスティノフマスク http://astrojargon.net/default.aspx
を使えば簡単にピントを合わせることができので、PENTAX-A☆ 200mmED F2.8の実力を引き出せるて
いるようです。ただ、レンズが明るいので、ピント合わせは、天頂近くの明るい恒星で行う方が、
星像が良いようです。
スポンサーサイト



[ 2010/09/27 01:17 ] 天体写真 | TB(0) | CM(4)

No title

お久しぶりです。ハート星雲よく写っていますね。隣のIC1848と両方で調度いい感じですね。私も先日マミヤ645200mmAPOで北アメリカとペリカン撮りましたがQSI583WSだと調度いいので驚きました。
今度はこれを狙ってみたいですね。
[ 2010/10/06 22:21 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。keilibraさん。
KAF-8300は、もともとデジカメ用のCCDなので、明るいカメラレンズ
との相性は、良いようですね。
200mmですと調度良い画角で、面白いですね。
[ 2010/10/07 02:11 ] [ 編集 ]

No title

今晩は、そして初めまして。p9e8 と申します。
とても美しい天体写真ですね。網状星雲も北アメリカ星雲もとても綺麗
です。私も昔は天体観測を趣味でやっていましたが、いつしかその趣味から遠ざかってしまいました。集めた天文ガイドも押入れの奥で埃を被っている状態です。
いまリアルタイムに活動してらっしゃる方の写真を拝見させて頂いておりますが、技術の進歩は凄いですね。
もちろん、ngc*8*6さんの腕によるところが大きい訳ですが・・・。
これまた部屋の隅で埃を被っている天体望遠鏡を引っ張り出そうかなぁ、などと考えてしまいました。
[ 2010/10/15 01:07 ] [ 編集 ]

No title

p9e8さん、はじめまして。
私も長く天文を趣味にしていますが、お気軽に楽しむのが、一番なので
ご自分が、楽しめるかたちで、天文活動を楽しまれてください。
[ 2010/10/17 23:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/77-7622f3d9