103P/ハートレー第2彗星とIC1848

遅くなりましたが、10月10日に八塔寺に行ってきました。
10日は、あちこちのブログに書かれていますが、現地は、大変な人でしたが、夜半過ぎに小雨が降ると
たちまち皆さん帰られましたが、その後、天気が回復して快晴になりました。
最後まで粘ったのが正解でした。

103P/ハートレー第2彗星は、前の週よりも核の拡散が、大きくなっているようでした。

イメージ 1


103P/ハートレー第2彗星
露出時間:5×3分 ノータッチガイド
望遠鏡:Sky90 F4.5
カメラ:EOS KissX2 ノーマル
赤道儀 :EM-10 AGS-1X


小雨の後に天気が回復した後にIC1848を撮影。再セティング後、薄明までそれほど時間が無かったので
10分7枚しか撮影できませんでした。

イメージ 2


IC1848
露出時間:Ha 7×10分
冷却温度:-20℃
フィルター:Baader Planetarium Ha 7nmフィルター
望遠鏡:Sky90 F4.5
カメラ:QSI583 WSG
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :EM-10 AGS-1X

IC1848は隣のIC1805よりも複雑な構造があるので、面白い撮影対象ですね。
しかし、この星雲は、よく見ると2001年宇宙の旅に出てくる胎児に似ていると思いますね。

イメージ 3


あと、当日の撮影機材は、下のようで、結構コンパクト。なかなか気に入ってます。

イメージ 4

スポンサーサイト



[ 2010/10/18 01:15 ] 天体写真 | TB(0) | CM(6)

No title

QSIのWSGだとほんとコンパクトにまとまっていていいですね。
ハートレイ、尾っぽが出てきましたねえ。
[ 2010/10/19 15:09 ] [ 編集 ]

No title

UTOさん、こんにちは。
QSIのWSGは、撮影スタイルが、コンパクトになるのでいいですね。
ハートレイ彗星は、16日にも八塔寺に遠征して見ましたが、最接近が
近いので、先週よりも大きく見えましたね。
[ 2010/10/20 01:03 ] [ 編集 ]

No title

ハートレーいい感じに写ってますね。明るいところでは探すのに些か難儀しますが暗い空なら問題なくわかりますね。
IC1848は胎児星雲とも呼ばれてますがまさにその通りですね。
ところでちょっとお聞きしたいのですがTemma2MとGPUSBでオートガイドしたいのですがケーブルはどのようにしたらよいのでしょうか?
宜しくお願いします。
[ 2010/10/21 22:58 ] [ 編集 ]

No title

keilibraさん、こんにちは。
ハートレー彗星は、21日が最接近で、もうしばらく楽しめそうですね。
GPUSBでTemma2Mをオートガイドするには、基本的にTemma2M用のオート
ガイドケーブルのオートガイダー側のコネクタのピン配置が、GPUSBの
ピン配置と一致していればTemma2M用のオートガイドケーブルでオート
ガイドできます。
もし、GPUSBとTemma2Mのピン配置が、違っている場合は、変換コネクタ
などを作る必要があります。
[ 2010/10/23 03:39 ] [ 編集 ]

No title

お気に入り登録させていただきました<(_ _)>
星野写真というレベルでは有りませんが、ひょんなことから星に興味を持ち8月末からポチポチ独学でやっております。
色々お勉強させていただきます。よろしくお願いします(*^^)
[ 2010/10/29 08:57 ] [ 編集 ]

No title

ぽるこ・びあんこ さん、はじめまして。
こちらこそよろしくお願いします。
デジタルでの天体写真は、動画合成などいろいろなことができるので
まずは、いろいろ試してみてください。
[ 2010/10/31 03:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/78-9fad738a