ST-4の修理

ST-4が、正常に動かなくなったというので、修理のために預かっていました。

イメージ 1


症状は、電源を入れても起動音が、ほとんどせず、DEC、RAのボタンを
押してもリレーが、動作しないというものでした。
いろいろ調べたところ12V電源の入力部分で、リレーなどに電力を供給
する線が、平滑化のための25V1000uFの電解コンデンサに入るまでの
部分で、断線しているようで、導通が、ありませんでした。
そここで、2個ある25V1000uFの電解コンデンサを外したところ12Vの
電源を平滑化している25V1000uFの電解コンデンサの+部分の半田付け
部分のラウンドが、はがれて配線が、切れていました。

イメージ 2


修理としては、関係する線も切れる恐れがあるので12Vの電源線をリード線で繋ぎました。

イメージ 3


修理で預かっているST-4は、作られてもう20年近くたつものなので、
ラウンドが、はがれた原因は、恐らく半田が、劣化していたところに
何らかの衝撃が加わった、ためにコンデンサの半田が、はがれたときに
一緒にラウンドも壊れたのでしょう。

電子機器も作られて20年以上たつと半田付けや基板が、劣化して壊れる
ようになるので、ST-4などもそろそろ寿命なのでしょうね。

しかし、回路図が、無いので、ここまでたどり着くまでにリレーや
ブザーが動かないので、これらを制御しているトランジスタアレーを
交換したり、電力制御をしているパワートランジスタを交換したりしました。
でも、治ってよかった、よかった。
スポンサーサイト



[ 2008/09/23 23:59 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

こんばんわ
このST-4はY氏のですね?直ってよかったですねぇ

僕のST-4もコンデンサを殆ど全部交換しましたからね
周りの半田もあちこち流して補修しました
長い間使っていると基盤のあちこちが浮いてくるみたいですね
[ 2008/09/24 00:32 ] [ 編集 ]

No title

kiriさん、こんちわです。

そうです。Y氏のST-4 20年物です。
最近、会社でも1987年製のリーダライターの修理が来て、私が修理、検査
したのですが、この時代の物は、半田の劣化やコンデンサの寿命もありますが、
使われている電子部品が、壊れると、もう、交換部品が無いので、完全にお釈迦です。
ST-4も使われているRAMが壊れると、交換品がないので、完全に終わりですね。
[ 2008/09/24 00:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/9-0253f64a