QSIカメラレンズシステム その2

以前にQSI純正のEOS用カメラマウントを購入したのですが、QSIのカメラとの接続が、Tリングで
EOS用のカメラレンズが、取り付けられずお蔵入りしていたのを復活させました。

QSI純正のEOS用カメラマウントは、Tリング接続で、内径が小さく、カメラレンズを付けようと
すると電子接点が、Tリング部分に当たり、取り付けることが、出来なかったので、Tリング部分を
M49.8 P0.75オスになる部品を同じサークルの方に作ってもらいました。

イメージ 1


EOS用カメラマウントもPENTAX用カメラマウントと同じマウントプレートを使うので、ピント位置が
若干手前に来るので、無限でのピント位置は、レンズの無限位置よりも前になります。
これで、フィルターが変わってもピント調整が可能です。

これで、EOSマウントのレンズもQSIのカメラで使えるようになりました。

イメージ 2


SIGMA 70mm F2.8 EX DG MACROを付けるとこんな感じです。

イメージ 3


満月期ですが、お盆休みなので、天気が良ければテストしてみたいところでが、夜も暑いし
撮影できるような天気ではないですね~。
スポンサーサイト



[ 2011/08/12 01:27 ] 機材 | TB(0) | CM(5)

No title

どちらで作成されたのでしょうか?
教えていただけたら幸いです。
[ 2011/08/12 04:45 ] [ 編集 ]

No title

カメラレンズのマウントはやはりいろいろあるようで、本当に参りますね。
一応、ご参考にさせていただいたのですが、再度設計しなおしてKマウントのアダプター作り直しています。
このEOSのアダプターは強度もありそうで、よさそうに見えます。
ちなみにこのSIGMAのレンズはどうでしょうか?
どうもシグマのレンズという悪いイメージしかないものですから。
[ 2011/08/12 12:06 ] [ 編集 ]

No title

adonoanさん、こんにちは。
この部品は、同じ天文サークルの方で、自宅に工作機械をお持ちで、
ご自分でも望遠鏡を作って折られる方に製作をお願いしたもので、
どこかに発注したものではありません。すみません。
[ 2011/08/13 01:19 ] [ 編集 ]

No title

NGCさん、こんにちは。
カメラマウントは、Kマウントは、公開されていますが、これ以外は
各社独自なので、面倒ですね。しかし、EOSは、バックフォーカスが
短いために変換マウントを使うと、EOSマウントを基準にしてNikonや
PENTAXのレンズも使えるようになります。
私もNikon Fマウント-EOSマウント変換を持っているので、これで
NikonのFマウントレンズも使えるようになりました。

SIGMAのレンズですが、まだ、ピントテストを行っただけなので、
冷却CCDで、どのようになるか分かりませんが、SIGMA 70mm F2.8
EX DG MACROは、一眼デジカメの天体写真では、結構良い結果が、
出てているレンズです。
このレンズは、元々、EOS KissX2用なので、冷却CCDで使えなくても
問題ないです。
[ 2011/08/13 01:34 ] [ 編集 ]

No title

ありがとうございました。
シグマの30mmF1.4をシグマとしては久々に買ってあまりにも期待通りではなかったもので、かつてのΣトラウマ再燃した次第です。
当方もRayqualのEOS-PKを使用していますが、ピント位置調整も兼ねてKマウント専用品を製作した次第です。三ツ星さんのKマウントーM60はちょっと作りが悪いのが難点でした。恐らく再度別の部品で作り直しことになるかも知れません。
このたびは、アドバイスありがとうございました。
[ 2011/08/14 04:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/91-57765fde