MEADEの新しい赤道儀LX800

久々の更新です。

MEADEから新しい赤道儀LX800が、出るそうです。
まだ、あまり情報が出ていないのですが、調べたところ以下のような赤道儀ですね。

イメージ 1


イメージ 2


大きさは、EM-400位ですが、赤道儀本体の重量は、約25Kgで、搭載重量は、約40Kg。
制御は、DC24VのDCサーボモーター。海外の赤道儀では、このクラスになると
DCサーボモーターが、標準ですね。
自動導入は、PCからもできますが、モータードライブ本体に144000個の天体データを
持っているので、赤道儀単体でも自動導入可能です。
価格は、約5999ドルなので価格としてもお手ごろなところでしょうか。
このクラスになるとMEADEも力を入れて作っているので、結構良さそうですね。
但し、日本での扱いや、価格は、不明ですが、でも、大体、このクラスは、日本では
取り扱われないないのが常ですね~。

海外の赤道儀は、CNC加工で作られているので、タカハシの赤道儀よりも軽くて、
搭載重量も大きいです。
”重さも性能”の内で、いつまでも鋳物で、赤道儀を作るのはやめてもらいたいですね。
最近、K-ASTECでも韓国製の赤道儀を扱い出していますが、日本もこの様な製品を作らないと
近いうちにユーザーから見放されるでしょうね。
スポンサーサイト



[ 2011/09/17 15:31 ] 機材 | TB(0) | CM(2)

No title

たしかにいつまでも鋳物で無骨なデザインに固執しているのは改めて欲しいですね。まずは海外で競争力がなくなるのは必然ですね。
これ性能がよければ、お値段しだいでは、なかなかヒットするんではないでしょうか。
[ 2011/09/17 20:37 ] [ 編集 ]

No title

Eagleさん。、こんにちは。
確かにそうですね。いい加減に鋳物に固執するは、やめてもらいたいですね。

このLX800は、このクラスの赤道儀としては価格が安いので、ヒットすると思います。
ことに海外では、VixenのADXの対抗馬になると思います。
[ 2011/09/18 00:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/94-96881e67