M101の超新星

24日に岡山県大芦高原で撮影したM101の超新星です。
撮影したのが午後8時30分ごろでしたが、もう、西の低空で、薄雲の通過などもあり
画像が、荒いですが、超新星は、まだ、10等台の明るさがあり、M101のバルジよりも
明るいです。

イメージ 1

ピクセル等倍中央部分をトリミング

撮影地:岡山県大芦高原
露出時間:L 5×5分
冷却温度:-20℃
フィルター:Baader Planetarium LRGBフィルター
望遠鏡:FSQ-106N
カメラ:QSI540 WSG
ガイドカメラ:SSAG
赤道儀 :EM-200Temma2
スポンサーサイト



[ 2011/09/28 00:17 ] 天体写真 | TB(0) | CM(6)

No title

高度が低く厳しい条件でもしっかり超新星が撮影できていますね。
10等級台の明るさだと普段からあったくらいに見えます。
世界中の観測用望遠鏡が追っかけていて大変でしょうね。
ベテルギウスもそのうちかな。
[ 2011/09/28 21:15 ] [ 編集 ]

No title

快晴だった24日の夜は大芦高原に行かれていたんですね。現在紀伊山地が台風被害でとても撮影にいけそうになく、撮影地をどこにするかはとても大きな問題でした。
私は、この連休はとてもよいお天気だったのに、仕事の都合でどこにも行けませんでした。久しぶりの快晴だったのに残念!
大芦高原はいかがでしたか?アクセスや空の状態のレビューをお願いします。因みに、八塔寺ふるさと館の駐車場には夜間は入れなくなったというのは本当でしょか?
[ 2011/09/28 22:51 ] [ 編集 ]

No title

しけるさん、こんにちは。
この日は、幸運にも西の低空が、曇っていなかったので
撮影できました。
これからの時期は、M101は地平線近くになるので、これが
最後の新月期の撮影チャンスだったと思います。
ベテルギウスが、超新星爆発をすると640光年と近いので
撮影どころではなくなるので、日本では、夏場にお願い
したいですね。
[ 2011/09/29 01:24 ] [ 編集 ]

No title

ゆぶさん、こんにちは。
先の3連休は、23、24日は、奈良の吉野に、24、25日は、
岡山の大芦高原に行っていました。2晩とも快晴でした。
奈良方面は、吉野以外は、台風の被害で、どこも道路が
寸断されていて行けそうにないです。
吉野も地元の人の話では、如意輪寺の奥は、行けない
とのことです。
八塔寺ですが、大芦高原で、なすはちさんにお会いして、
聞いたところでは、ふるさと館に連絡すれば使えるそう
ですが、ロッジに宿泊客が、ある場合は、駐車場にも
入れないとのことです。
24日もふるさと館のロッジに宿泊客が、あったらしく
ふるさと館の駐車場に入ることができないとのとで、
八塔寺をホームにされている多くの方が、大芦高原に
来れれていました。
[ 2011/09/29 01:37 ] [ 編集 ]

No title

続きです。
大芦高原ですが、アクセスは、山陽道を使う場合は、和気I.Cで降りて
374号線を北に向かうと大芦高原温泉の案内が、あるので、すぐに
分かります。
中国道を使う場合は、美作I.Cで降りて、374号線を南に向かいます。
これも大芦高原温泉の案内が、あるので、すぐに分かります。
空ですが、八塔寺と同じくらいです。
大芦高原は、大芦高原温泉がありここのふれあい交流館あいだで
温泉に入れますし、レストランが、午後8時半まで営業しているので
食事もできます。温泉も午後10時まで入れます。
先日は、帰りに撮影に行ったメンバーと温泉に入って、帰って来ました。
連泊しても、温泉に入って、ふれあい交流館で仮眠も取れるので
とてもよい所です。
[ 2011/09/29 01:57 ] [ 編集 ]

No title

丁寧な解説をしていただき、感謝感謝!!です。大芦高原は八塔寺に比べると少し遠いですが、メリットもありますね。高速代が高いのがチョットつらいなぁ。しかし、紀伊山地の多くが撮影できるような状態ではないし、八塔寺も自由に撮影できなければ、撮影地を考えなければならないですよね。今日10月1日も天候が怪しいこともありますが、撮影地がはっきり決まらないのでどこへも行きませんでした。生石高原、砥峰高原、千種高原、峰山高原、西はりま、吉野・・・etc どこがいいのでしょうね。また、機会がありましたら教えてください。
[ 2011/10/01 23:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
https://ngc4826.fc2.net/tb.php/95-bbc270f5