カシオペア座付近

8月14日は、久しぶりに快晴で、空も透明度が良かったので、
秋の天の川が、”シャリシャリ”に見えました。
遠征先は、自宅から近いのですが、天頂から北の空が、暗いので、
”赤い猫”のファーストライト中にポタ赤で、カシオペア座
付近を撮影しました。
この付近は、天の川が、それほど濃い所でもありませんし、
淡く大きな散光星雲が、多い領域ですが、NGC281 パックマン星雲、
IC1805とIC1848のハート&ソール星雲、NGC7822クエスチョンマーク
星雲は、比較的明るいので、よく分かります。
この日は、ペルセウス座流星群の極大日を過ぎていましたが、
明るいペルセウス座流星群の残り流星が、結構飛びました。
しかし、写真には1つも流星は、写っていませんでした。
カシオペア座付近RGB
撮影日:2020年8月15日
露出時間 3分X38
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS
[ 2020/08/31 00:45 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

”赤い猫”初陣

8月14日に”赤い猫”のファーストライトに行って来ました。
約4カ月ぶりの遠征でしたが、この日は、月の出が、午前0時半ごろ
だったので、遠出は、やめて、近場にしました。

”赤い猫”のファーストライトは、NGC7000を撮影しました。
月が、出てくるまでに撮影を終わらせるために露出時間を
少し短くしましたが、この”赤い猫”は、FSQと同じペッツ
バール型光学系なので、ほんと良く写ります。

撮影日:2020年8月14日
露出時間 L 5分X18 R 5分X6 G 5分X6 B 5分X6
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium LRGBフィルター
ガイドカメラ SSAG
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

月が、出てきてからは、Haで、SH2-157付近を撮影。
急いで導入したので、構図が、悪いですが、こちらも
良く写っています。

撮影日:2020年8月15日
露出時間 Ha 5分X14
望遠鏡 RedCat51 F/4.9
カメラ QSI583WG
冷却温度 -15℃
フィルター Baader Planetarium Haフィルター 7nm
ガイドカメラ SSAG
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

RedCat51は、焦点距離が、250㎜なので、望遠レンズのように
使えて、必要な物が、一式揃っているので、非常に取り回しが、
良い鏡筒です。
これからは、RedCat51を”赤い猫のニャー”と呼ぼう!


[ 2020/08/29 12:04 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

VSD100F3.8生産終了

先日、VixenのVSD100F3.8が、アナウンスもなくひっそりと製造終了と、
いくつかのブログに書かれていました。


この望遠鏡は、Vixenが、ペンタックスから125SDPと100SDUF IIの
製造技術を買い取って作った望遠鏡でした。当初は、125SDPのモデルも
出すとされていましたが、125SDPのモデルは、製造コストから採算が
合わず、試作のみで、終りました。
125SDPの試作鏡筒は、各地の星祭りで、Vixenのブースで、展示、観望
されていたのを見た人も多いと思います。私も星をもとめての会場で
Vixenの担当の人から説明を受けました。
そのとき、VSD100F3.8は、何とか採算が、取れるということで、販売する
ことが、できると聞いた記憶が、あります。

VSD100F3.8ですが、100SDUF IIの二番煎じの否めない望遠鏡だと思い
ましたね。というのも、銀塩時代よろしく、接眼部が、大型のヘリコイド、
VSD100F3.8の販売が、始まった時すでに撮影用の望遠鏡は、RoboFocusなどの
フォーカス機器で、オートフォーカスする時代になっていて、フォーカス用の
モーターが取り付けられない大型ヘリコイド接眼部は、時代遅れでした。
このことは、星をもとめての会場で、Vixenの人に話しましたが、聞く耳を
持っておられませんでした。

望遠鏡としても125SDP、100SDUF IIは、仲間内で、持っている人が、何人か
おられて、さわらせてもらったことが、ある望遠鏡ですが、さすがカメラ
メーカーが、作った望遠鏡で、素晴らしい望遠鏡でした。ことに大型の
ヘリコイドは、カメラレンズのヘリコイドを作る技術で、作られているので
大きいのにガタも無くスムースに動くのは、素晴らしかった。
それに比べてVSD100F3.8のヘリコイドは、外観こそ100SDUF IIそっくり
でしたが、動きは、100SDUF IIとは比べものにならなくて、がっかりした
ことを覚えています。

また、競合機で、タカハシのFSQ-106EDが、あったことも不運だったと思い
ますね。VSD100F3.8は、中心星像は、FSQ-106EDより劣るものの良像範囲は、
100SDUF IIと同じ6×7フォーマットをカバーするものでした。
しかし、これだけの良像範囲を使えるカメラは、FLIやApogeeの大型センサー
搭載のハイエンド機くらいで、一般ユーザーでは、大きくても35㎜フルサイズで
これを超える良像範囲が、あっても無駄に大きいだけでした。
価格も鏡筒本体のみの価格で、FSQ-106EDの方が、安く、同じ金額で、レデューサー
も買えるとなると苦しくもなると思います。

そして、最近では、FSQ-106EDと同じペッツバール型の光学系をもつWilliam
OpticsのRedCat51 f/4.9の登場が、”トドメ”になったと思います。
RedCat51は、口径51㎜ F4.9とVSD100F3.8の口径100㎜ F3.8からすると小さく
暗いですが、焦点距離が、250㎜と望遠レンズ程度で、小さくて、コンパクト
ピント機構が、VSD100F3.8と同じヘリコイドですが、ここまでコンパクト
ならば望遠レンズと同じ考えれば、アドバンテージにはならいでしょう。
何よりも価格が、10万円程度と手ごろとなれば、不利なのは明らかでしょう。

Vixenも125SDPや100SDUF IIと同じ望遠鏡を作るのではなくて、同じペンタッ
クスの105SDPの素直な屈折をレデューサーなどを含めて継承して、製造、
販売していれば、売れていたと思いますし、105SDPを発展させて、”130SDP”
なんて出していたら今ごろタカハシのTOA-130といい勝負をしていたかも
しれません。

VSD100F3.8は、2013年発売で、2020年終了と販売期間7年は、望遠鏡としては
短かったですが、売れないのであれば、損害が、これ以上大きくならない
ように販売終了にするのは、正しい判断だと思います。
それにしてもVixenのマーケティングミスは、大きいと思います。
[ 2020/07/30 19:55 ] 機材 | TB(-) | CM(0)

ラズパイの撮影システムて、どうなのでしょうか?

ARMプロセッサを搭載したシングルボードコンピュータ
ラズベリー パイを使ってINDI Libyalをインストールして
KStars、PHD2、Ciel、CCDcielで、撮影システムを作って
今は、実戦投入する準備をしてます。
ラズパイのシステムは、OSを含めてソフトは、フリーソフトで、
無料で、システムを作るときにお金が、かかるのは、ハードの
ラズパイのボードとケース、ラズパイ用の電源に時刻データを
保持するリアルタイムクロックユニットくらいで、合計でも
1万円くらいで、すみます。
しかし。OSが、Linuxで、かなり安価にWindwos PCと同じ撮影
環境を作ることが、可能ですが、ソフトをインストールして、
使用環境を作るためには、Linux OSの知識が、必要で、Windwos
しか使ったことのない人には、敷居が、かなり高いです。
それとソフトを使うための情報は、基本海外になるので、英語が
ある程度読めないと、これまた大変なところが、あります。
海外では、StellarMateというラズパイのシステムが、販売されて
いたり、自分で、ラズパイのシステムを作って、使っている人が
増えてきています。
天体撮影では、ソフトは、基本海外のソフトで、英語なので、
Windowsでもラズパイでも同じだと思うのですが、日本では、
このラズパイの撮影システムを使って入り人は、どれくらいいる
のでしょうか?

やはりOSがLinuxで、OS、天文用のアプリ共に英語でなので、
興味は、あるが、手が出せいないという人が、多いのでしょうか?
これを見ている方の意見をお聞かせください。

マニュアルは、作っていないのですが、もし、ある程度日本語化
した私のラズパイのシステムを使って見たい方が、おられましたら
ラズパイ4のシステムを頒布することは、できます。
また、ソフトをインストールしたSDカードだけでも可能です。

IMG_0690[1]
[ 2020/06/14 18:47 ] 機材 | TB(-) | CM(2)

ラズパイ4 撮影システム

新しく作ったラズパイ4の環境は、OSをラズパイ標準のOSである
Raspbianで作りました。
Raspbianを使うメリットは、VNCとSSHが標準にインストールされて
いて、ラズパイのGPIOやVNC、SSHの設定が、簡単にできることです。
ただ、デメリットもあって、IPアドレスの固定とクセスポイント化が、
UbuntuMateのように簡単にできないところところです。
今回作った環境では、自宅と遠征で使うWifiルーターのIPアドレスを
固定しましたが、アクセスポイント化は、面倒だったので、していません。
ネットワークに接続して機器を制御する場合、Wifiルーターを使う方が、
アクセス制御しやすいですからね。

インストールしたソフトは、KStars、PHD2、Ciel、CCDcielとGPSを
接続すためにGPSDの5本です。
あまり沢山のソフトを入れても使わないですかね。
OSの環境は、日本語モードにしてあるので、KStarsもかなりのところ
日本語化されています。


Raspberrypi INDI Web Managerも入れてあるので、CielとCCDcielも
連携して使うこともできます。


PHD2は、日本語化されているので、これは、
Linux版でも完全に日本語化されています。


Cielは、日本語化のファイルが、公開されてるので、これを組み
込んで日本語化しました。
Ciel、PHD2共に操作はWindows版と同じですが、機器選択が、Linux版
ではASCOMが使えないので、INDIドライバーなのが、違うところですね。


あと、ラズパイのハード関係で、システムの時刻データの校正については、
ラズパイは、OSが載っていると言っても、基本マイコンボード
なので、インターネットの繋がる環境では、起動時にNTPサーバー
から時刻データを取得して、システムの時刻を公正しますが、
インターネットに繋がらない環境では、前回シャットダウンした
時刻を記憶していて、この時刻をシステムの時刻して設定するので
遠征での撮影では、システムの日付と時刻が、一致しません。
そこで、遠征先のインターネットの無い環境でも正確な時刻を
ラズパイに持たせるためにRTCユニットを組み込みました。
IMG_0690[1]

ラズパイは、GPIOにI2Cの端子が、あるので、これを使えば簡単に
RTCユニットを組み込むことが、できて、起動時にインターネットに
繋がっているときは、NTPサーバーからシステムとRTCの時刻校正を
行って、インターネットに繋がっていない時は、RTCからシステムの
時刻校正を行うように起動スクリプトを組みました。
これで、システムの時刻は、RTCのバックアップ電池が、つきるまで
くるうことはありません。

ここまで撮影と望遠鏡の制御環境を作っておけば、ラズパイを
望遠鏡の上に乗せて、USBで、各機器をつなぐだけで、遠隔操作
望遠鏡の完成です。
KStarsは、冷却CCDや冷却CMOSの他にキャノンとニコンの一眼デジ
カメも制御できますし、ステラショット同じように自動導入補正も
使えるので、ラズパイの撮影システムを作れば、撮影に余計な
ソフトの出費は、必要ないと思いますね。

ただ、一番の問題は、OSが、Linuxで、一般の人には、非常に敷居が
高いことでしょうね。
[ 2020/05/24 17:28 ] 機材 | TB(-) | CM(0)