WilliamOpticsからRedCat71が、登場。

日頃の行いが、悪いのか、新月期なのに晴れませんね。

ところで、天文ハウスTOMITAのブログで、RedCat71が、発売されると出ましたね。
RedCat71は、RedCat51の大きい版で、口径71mm F4.9 焦点距離350mmとのこと
鏡筒の構造が、RedCat51から変わって、フォーカッシングが、インナーフォーカス
方式になって、ピント調整時にRedCat51の様に鏡筒が、伸び縮みしない構造に
なったので、RedCat51が、望遠レンズ的だったのが、RedCat71は、望遠鏡らしく
なりましたね。

付属品は、鏡筒バンド、バーティノフマスク、スケアリング調整機構、回転装置、
アルカスイスとビクセン規格のデュアルアリガタにハンドルとキャリングソフト
ケースが、標準付属で、価格が、198000円とペッツバール型の鏡筒としては、お手頃価格。


そこで、RedCat71に競合するのが、タカハシのFSQ-85EDでしょうね。
FSQ-85EDは、ノーマルだとF5.3 焦点距離430㎜ですが、多くの場合、レデューサー
QE0.73×を付けて、F3.8 焦点距離327㎜で、使うのが普通でしょう。私も大抵は、
F3.8仕様で、撮影しています。

FSQ-85EDのレデューサー仕様とRedCat71で、焦点距離が、ほぼ同じですが、同じ
ペッツバール型の鏡筒なので、恐らく星像は、FSQ-85EDのレデューサー仕様よりも
RedCat71の方が、補正レンズを使用していないので、良いと考えられます。
これは、RedCat51の星像を見れば分かります。

取り回しもRedCat51同様に考えられているようで、遠征先での組み立て、撤収も
楽そうです。重量もFSQ-85EDよりも軽そうですし。

そして何よりも価格でしょう。FSQ-85EDは、QE0.73×レデューサーの他に回転装置
などの必要なパーツも含めると40万円超えに対して、RedCat71は、必要な物が、
含まれて、約20万円とFSQ-85ED一式の半額、焦点距離が、350mm程度で、撮影するので
あれば、余分な高価なパーツが、必要ないので、価格的にもRedCat71の方が、圧倒的に
アドバンテージが高いでしょう。

WilliamOpticsは、台湾の望遠鏡メーカーですが、屈折望遠鏡では、かなり性能の
良い鏡筒を出しています。天体望遠鏡は、”日本メーカーが、一番”と思っているのは、
もう時代遅れですよ。

日本のアマチュア天文界の問題は、欧米の本当の一流メーカーの製品が、日本国内で
販売されていないこだと思いますね。
[ 2021/09/05 17:28 ] 機材 | TB(-) | CM(0)

散光星雲は、写ってもぺルセ群は、写らず。

暑いです。今年は、お盆子の前後で、お天気が悪く、気温の低い日が、
続いたために、ここへ来て、暑さが、戻って来て、大変ですわ。

お天気は、このところ良いのですが、新月期が近づくころから、また、
悪くなるような予報が、出ているので、どうなることか。
9月の新月は、9月7日なので、週末としては、4日と11日の2回チャンスが
あるので、4日、だめでも11日は、すっきり晴れて欲しいです。

さて、遅くなりましたが、8月5日の遠征では、ぺルセ群の1週間前でしたが、
飛ぶことを期待して、広角でも撮影したのですが、流星は、暗く小さい
散在流星が、1個写っていただけでした。
流星は、写りませんでしたが、この領域は、広角で撮影すると散光星雲が、
沢山映ります。

露出時間 3分X30
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS


露出時間 3分X23
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS
[ 2021/08/29 18:05 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

M74 強い風で、星像ポテポテ。

この2週間は、雨続きで、20日頃から時より青空も見られますが、
すっきり晴れませんね。お天気の回復は、水曜以降になりそうだとか。

お盆前に天気が悪くなる前の8月5日に遠征して、撮影したのが、M74です。
この日は、一晩快晴で、透明度も良かったのですが、時々風が、強く
吹いて、ガイドが、大荒れでした。そのおかげで、帰宅して、画像を
チェックすると撮影した枚数の1/3くらいは、星が、”ダルマさん”状態で、
使えず、 R画像は、画像処理に使えるコマが、2コマしかなくて、画像
処理に苦労しましたし、M74は、腕の中にHII領域が、沢山写るのですが、
それが、R画像不足で出ませんでした。
また、風の影響で、ガイドが、安定しなかったために星像もポテポテに
されてしまいました。次回の遠征で、撮り直しです。

M74
撮影日:2021年8月6日
露出時間 L 5分X13 R 5分X2 G 5分X4 B 5分X4
望遠鏡 FSQ-106フローライト鏡筒 Canon EXTENDER EF 1.4x III
カメラ QSI628WS
冷却温度 -15℃
フィルター Astronomik Deep-Sky RGBフィルター Astronomik L-2フィルター
ガイドカメラ ZWO ASI 120MM-S
ガイド鏡 ZWO 30F4 Mini Guider Scope
赤道儀 EM-11 Temma2Jr

この日の遠征では、撮影、制御用PCをThinkPadX201からMINISFORUM GK41の
ミニPCに変更して、撮影、制御用PCを望遠鏡の三脚の下に置いて、ケーブル類を
望遠鏡周辺にはわせないようにしました。
制御は、Wifi、VNCで、遠隔で、ThinkPadX201とタブレットから行いました。
撮影、制御用PCが、ThinkPadX201で、Wifi、VNCで、タブレットから遠隔操作は、
これまでも遠征で、行っていましたが、今回、完全に望遠鏡の制御を独立させました。

このような撮影システムにした訳は、今年初めの遠征で、撮影中にケーブルを
引っかけて、危うく機材を壊しかけたので、安全のために撮影用PCを望遠鏡の
近くに置いて、ケーブル類を周辺にはわさないようにしてのです。
やっていることは、最近、日本でもやり始められているインターネット天文台の
遠征撮影ローカルネット版ですが、ノートPCを望遠鏡の近くに置いて、そこから
ケーブルをノートPCまで、はわせることが、ないので、暗闇で、ケーブルを引っ
かけることがないので、望遠鏡周辺での作業も楽です。
遠征先でのWifi環境は、インターネットにつなぐ必要が、ないので、小さな
トラベルWifiルーターが、1個あれば簡単に環境構築できるので、お勧めです。

[ 2021/08/22 16:44 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

久しぶりの遠征と双眼鏡での観望

この8月の新月期は、ペルセウス座流星群が、好条件でしたが、
流星が、降らずに大雨が降って、最悪の新月期でした。

今年は、盆休みが、コロナの対応などもあり8月5日からで、8月の
新月期は、天気が、良くなさそうだったので、8月5日の夜に会長と
北部の某所に行ってきました。
8月5日は、台風が、近づていましたが、天気は、一晩快晴で、行った
所も平日で、夜は、誰も来ず、2人で、貸し切りで、満天の星空を
満喫できました。

8月5日は、ペルセウス座流星群極大の1週間前で、少しでも飛ぶかと
期待しましたが、散在流星は、飛びましたが、ぺルセ群の流星は、
見られずで、写真に写っていたのは、暗い流星が、1コマだけでした。


露出時間 3分
レンズ:SIGMA Art35mmF1.4 DG F3.2 に絞る
カメラ:EOS KissX6i SEO-SP4C + HEUIB-II FF ISO 1600
赤道儀 :スカイメモS


この日は、約5か月ぶりの遠征の撮影でした。その成果は、後日として、
久しぶりに私が、高校生のときに買った約40年落ちのビクセンの7倍50㎜の
双眼鏡を持って行って、撮影中に双眼鏡をカメラ三脚に付けてで、観望を
楽しみました。
以下は、見た対象と見えた感想です。

M31
これは、肉眼でも見える対象なので、双眼鏡で見ると広がりが、良く
分かります。

h-χ二重星団
これも肉眼でも見える対象で、双眼鏡の観望では、定番の対象で、双眼鏡で
見ると、星の色が、分かって綺麗です。

M33
写真では、綺麗な渦巻き銀河ですが、密集度が低いので、双眼鏡で、見ても
結構淡いです。でも、夜空が、暗くて、透明度の良い所では、肉眼でも
何とか見ます。

NGC281 ハックマン星雲
小さい星雲ですが、写真では、よく撮影されている対象。
明るく小さい星雲なので、双眼鏡でも存在は、すぐに分かりましたが、
7倍では、小さくて、淡い”シミ”のような感じでした。

IC1805とIC1848 ハート&ソール星雲
秋の天体写真の定番の対象ですが、ハート星雲の中の星団とソール星雲の
明るい恒星の並びが、双眼鏡でもよく見えるので、すぐわかります。
そして、よく見ると淡くかすかに”ハの字”に星雲の存在が、分かりました。

NGC1499 カリフォルニア星雲
これも天体写真の定番の対象で、ペルセウス座ξ星のすぐ北にあるので、
双眼鏡でもすぐに位置は、わかります。
双眼鏡では、かなり淡く、双眼鏡を動かすと背景と一緒に淡い物が、動く
ので、それで、存在が、分りました。

空が、暗ければ双眼鏡で、結構観望を楽しめます。また、対象を探すのに
タブレットかスマホにSkySafariが、入っていると探しやすいです。
7倍50㎜の双眼鏡は、天体観測定番の双眼鏡ですが、散光星雲を見るので
あれば、7倍50㎜の双眼鏡よりも10倍50㎜の双眼鏡のほうが、S/N比が、
上がるので、よいと思いました。

また、この日、会長と2人で、話題になったのが、”北アメリカ星雲は、肉眼で、
見えるか?”でした。
北アメリカ星雲は、デネブの近くにあり、見かけの大きさが、月の2倍以上
あり、大口径のドブソニアン望遠鏡で、メキシコに当たる部分やペリカン
星雲が、見えるので、夜空の暗い所で、肉眼でも見える、というより存在が、
分かるというので、2人で、目を凝らして、見たのですが、見えませんでした。
7倍50㎜の双眼鏡では、光を集めるので、北アメリカ星雲とペリカン星雲の
間の暗黒帯が、分かるので、北アメリカ星雲を識別できるのですが、肉眼では
無理でした。

”肉眼で、北アメリカ星雲が、見える”というのは、デネブの近くの北アメリカ
星雲の周辺は、肉眼で、見ても星が、集まっていて、比較的明るく見えて、
私たちは、北アメリカ星雲の位置と形をいろいろな写真を見て、知っているので、
潜在意識で、デネブの近くに北アメリカ星雲が、見えているように脳が、見せて
いるのではないかと思われます。

会長の話では、人も訓練すれば、暗い所で瞳孔が、約8㎜まで開くそうで、
そんな”特殊能力”を持つ人なら肉眼で、北アメリカ星雲を確認できるかも
しれませんね。


[ 2021/08/14 12:42 ] 天体写真 | TB(-) | CM(0)

ディスクトップPC壊れる

春から仕事が、面倒なことになったり、天気が、悪くて撮影に行けず
久しぶりの更新です。

お盆前に画像処理などに使っているメインのディスクトップPCの
スイッチを押しても電源が、入らず、PCの中を調べたところ、どうも
AC電源が、壊れたようで、お盆休みを前にメインのディスクトップPCが、
使えなくなってしまいました。

で、AC電源を交換すれば使えたのですが、もう、作って、かなりになり
CPUも第4世代のCore i7だったので、今年の年末にでも新しく作り変えようと
考えていたのですが、この際なので、ツクモとアマゾンで、必要な部品を
急遽調達して作り変えました。

今回のスペックは、以下です。
マザーボード:ASUS B50M-PUKUS
CPU:Core i7-10700K
メモリー:CFD W4U2666CX1-16G 2枚の32GB
SSD:ADATA SWORDFISH ASWORDFISH-250G-C

IMG_0815[1]

ケースは、前は、タワー型を使って、SSD1台、HDD3台を入れていましたが、
ダウンサイジングで、今回は、スリム型のケースにして、コンパクトにしました。

ケースを小さくしたことで、前のようにHDDを詰め込むことが、できなく
なったので、最近のマザーボードは、M.2規格のSSDをオンボードで、付け
られるので、マザーボードにSSDを付けて、OSをマザーボードオンボードに
しました。HDDは、ユーティリティソフトなどが、入ったHDD1台をケースに
納めて、天文関係のHDDは外付けのHDDケースに入れて、USB接続にしました。
HDDは、近いうちに中身を整理して、容量の大きなHDDにまとめようと考えて
います。

しかし、お盆前にPCが壊れて、痛い出費でした。


[ 2021/08/13 18:15 ] その他 | TB(-) | CM(0)